トップ東金のお米 おいしいお米の炊き方


おばあちゃんにきく
お米を美味しくいただくコツは?
イマコおばあちゃん
 東金の美味しいお米が、ちょっとした工夫でもっと美味しくなる!
 松之郷の農家に嫁いでウン十年、太巻き寿司とお味噌作りの先生をしているイマコおばあちゃんに、そのコツを教わりました。
 炊飯器のスイッチ入れる前に、よーく読んでおいてね。

その@
お米の研ぎ方・炊き方
 精米をしても、お米のまわりにはぬかが残ります。このぬかを取ることを「研ぐ」というんです。

最初の水では研がない
 お米は水を素早く吸収するから、ぬかが多い最初の水は研がずにさっさと捨ててください。

手早く研ぐ
 水が透明にならなくても大丈夫。短い時間で手早く研ぐことが肝心です。二〜三回水を取り替えれば十分ですよ。

お湯を使ってはダメ
 お湯を使うとぬかのニオイが強くなるから、冬でもガマンして水で研ぎましょうね。もちろん、洗剤は使いませんよ。

すぐには炊かない
 よく水を吸わせるのが美味しく炊くコツ。炊き始める前に少なくとも十五分は置いておきましょう。

そのA
お米の買い方・保存法
 実はお米は野菜や果物と同じナマモノだから、涼しいところで保管しなきゃダメ。風通しが良くて暗いところがいいですね。 暑い時期には冷蔵庫に入れてもいいです。
 精米したらすぐに食べたほうが美味しいから、買うときは精米したてのお米を選びましょう。
 ちょっと手間はかかるけど、玄米を買って少しずつ精米するのもいいですね。最近はコイン精米機もたくさんあるから 使ってみたら? 意外におもしろいですよ。

そのB
お米の豆知識
お米の豆知識  ところで、みなさんは「お米」がどんな食物か、ご存じですか?
 みんなが毎日食べてるお米は白米といって、田んぼでとれたお米から「もみ」と「胚芽」と「ぬか」を取り除いたものです。
 左上の写真が田んぼで収穫したお米。「もみ」といって、さわると少しちくちくします。
 もみをはずしたのが玄米(左中)。「ぬか」と「胚芽」に栄養がいっぱいあります。「胚芽」を発芽させた 発芽玄米も最近注目されてますね。
 玄米から「ぬか」と「胚芽」を取り除くと(左下)、ほら、いつも見てるお米になりました。

お米の構造


参考(お米ブック)平成17年3月(全国農業協同組合中央会発行)より




トップ東金のお米 おいしいお米の炊き方