夫の帰宅時間は何時?不倫夫は言い訳も上手い!見抜けなかった嘘……。

夫はその頃、同じ職種のところに引き抜きされて転職していた。職種は一緒だがオープニングスタッフだったこともあり毎日がバタバタと過ぎていた。

そして後輩のこともすっかり忘れてしまった頃私たちは子供を授かった。

私たち夫婦はどちらも長男長女で、どちらの両親にしてみても初孫になる。

妊娠が分かった時は、それはもう夫は文字通り飛んで喜んだ。

しかし妊娠を継続することが私は出来なかった…。

流産しても優しいのは不倫夫のセオリーか

 

職場で多目に出血してから病院に行き診察をうけるまでの間に、連絡していた夫も来てくれて一緒に先生の話を聞いた。

妊娠11週目での流産に私はひどく狼狽した。命を失うということはこんなにも悲しいことかと、ひたすら涙を流した。

翌日に、処置をしてもらうことになり会社に連絡をいれなければならないのに、それすらままならないほど私は落ち込んでいて全てを夫に任せた。

会社に連絡を入れてから夫は私の手を握り、

「体が落ち着いたらしばらく休んでゆっくりしよう。大丈夫だから。体のことだけ考えて、辛い時は何も考えなくていい」

そう言った。夫も辛いはずだった。

私の夫はそういう優しい夫だ。浮気や不倫なんてするはずのないそういう夫。

だがこの時も夫は不倫をしていた。

けれど、私は何も知らずにこの人と一生添い遂げることを信じて疑わなかった。

帰宅時間がまちまちなのは……

 

それからは仕事をセーブして、私は夕方早めに家に帰るようにしていた。そんな時、近所に住む私の祖母が我が家に来ていて妙な事を言った。

「夫くんはあんたの帰りが早い時は、早く帰ってくるね?」

「どういうこと?」

「あんたが22時とか23時とかの時は、大体21時頃帰ってくるけど」

「ん?家にいないってこと?どういうこと?」

祖母の話だと、普段の帰りは21時か21時半頃だが私の帰りが早い時は17時過ぎには帰ってきているとのこと。

「そうなんだー。なんでだろ?聞いてみとく」

「いやいや、いちいち聞かないでいいよ」

祖母はなんだかしりすぼみな感じで自宅に帰っていった。

その日、祖母の言う「早い時間」に帰宅した夫に私は聞いた。

「今日ばぁちゃんが言ってたけど、私の帰りが遅い時はいつも帰り遅いの?」

「そうだよ。○○の帰りが遅い時は、職場で練習したりしてるから帰り遅いよ。」

……だよね、としか言えなかった。だって、本当にそうであろうと思っていたからだ。夫は1人前になるには10年は修業を積まなければならないと言われている仕事をしている。仕事終わりに練習を重ねている以外に何をしているというのだろうか。

勤勉な真面目な夫であると、私はこの時も疑わずにいた。

翌日、祖母にその事を言うと、

「……そう。そう言ったならそうなんだろうね。」と、またしても尻すぼみな返しをしてきたので気にはなったが、年寄りの言うことだと思い、気にしないことにした。

 

私はのちに、この時の祖母の勘の鋭さに驚くことになるのだが、祖母から言わせると勘でも何でもなく誰でも気付くくらいに夫は怪しかったとのこと。

私も気付いてて知らないフリをしているのだと思っていたと後日談だが言っていた。

私たち夫婦の歯車はこの辺りから徐々に狂い始める……。

不倫夫をGPSで追跡するならWiFiが必要

GPS情報の取得はデータ量も多くなるので、WiFiを導入するとよいでしょう。

WiFiを契約するなら、おすすめはWiMAX2+です。

月間通信用料無制限のサービスを利用してGPSを賢く使いましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です